行動は迅速に!鍵紛失したらすぐに対処しよう
ロゴ

鍵紛失した場合にすぐに実施するべき対処法

個人で鍵交換する場合と業者へ依頼する場合の違い

個人で交換する場合

シンプル構造など条件がそろっていれば、自分でも鍵交換をすることはできます。まず鍵穴の丸座部分のサイズを測ります。その後ショップなどで好みの鍵を購入しましょう。購入しましたら、取り付けられている鍵をドライバーなどで取り外して、購入した鍵を取り付けます。既存の鍵穴を取り外す際乱暴にしてしまうとドアが破損してしまい、購入した鍵を取り付けることができなくなります。取り外しの際は慎重にする必要がありますので注意しましょう。また自身のイメージとは違った出来栄えになる可能性がありますので、事前に取り付け方の方法の情報収集する必要があります。

業者へ依頼する場合

鍵に関する知識が豊富にありますので、どのような取り付けをしたらよいのか的確に判断してくれます。そのため、自身が思っていたイメージ通りに仕上げてくれます。また、最新の鍵への交換もできるので、高い防犯対策を叶えることができるでしょう。鍵紛失をして困ったときには、最適ですね。さらに、今後どのようなメンテナンスをした方がよいのかアドバイスもしてくれますので、鍵も長持ちさせられます。

鍵紛失しないための工夫

元鍵は使用しない

元鍵には鍵番号が記されている場合があります。この鍵番号が分かればコピーを作成してくれる店舗があります。悪意をもった人が合鍵を作るのを防止するために、元鍵は人目に触れない場所に保管しましょう。

チェーンやストラップを活用する

カバンのチャック付きの内ポケットの部分にチェーンやストラップを取り付けて、鍵をくくりつければ紛失するリスクをかなり抑えることができます。なお保管している間は内ポケットのチャックをしめておくのが大切です。

決まった位置に鍵を置く

出かけるときに、鍵が見つからなくて焦ってしまった経験があると思います。保管する場所が決まっていないと、いつの日か紛失する可能性が高いので保管場所を決めておきましょう。なお玄関に置くのではなく、人目につきにくいところがよいと思います。

行動は迅速に!鍵紛失したらすぐに対処しよう

女性

失くしたら警察に届ける

第三者が鍵を拾って不法侵入するリスクがありますので、鍵紛失した場合は必ず警察に紛失した旨の申告をしましょう。申告しておくと鍵が見つかった場合に連絡をしてくれます。

見つかっても鍵の交換を

鍵紛失した場合は、第三者がその鍵を拾う可能性がありますので防犯上とても危険です。紛失したと気づきましたら、その時点ですぐに専門業者へ鍵の交換を依頼しましょう。後で見つかっても、一度落とした鍵は複製された危険があるので、見つかるかもと待っているのは良くありません。鍵自体を交換してもらえれば、不法侵入される心配もなく、安心して過ごせるのです。

広告募集中